ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やさしさ 
2005.05.30.Mon / 11:30 
彼がだいぶ落ち着いてきたので両親は仕事もあることだしこの日の朝に一度帰宅しました。

この日から病院には私が1人で行きました。
病院のエレベーターでICUの看護師さんに会い、
「●●くん、口の管抜けてますよ!」って声をかけてもらいました。

面会すると口の管は抜けたものの彼は痛みで暴れてました。
目も開き意識もかなり戻ったみたいでした。
でも、ほんとに痛そうで、辛そうで彼を見てるのが辛かった。
私のこともはっきりわかったみたいだったけど
「ちはるどっかいけ!」「帰れ!」みたいなことを何度も言われた。
彼は自分のこんな姿を見られたくなかったんだと思う。

声がほとんど出ないのに「のどかわいた!水くれ!」を何度も叫び、
まだ水分を取れないので脱脂綿をしめらせてそれをしがんでました。

「どっかいけ」っていう言葉を言われたときあたしは泣きました。
悲しくて泣いたんではなく、彼のやさしさを感じて泣きました。

看護師さんがすぐにそばに来てくれて夕方にまたおいで。
「彼女が来てくれたよ」って声をかけると「今は会いたくない」って言ってたから。
夕方にはもう少し落ち着くと思うからね。
って声をかけてくれました。

あたしもその方がいいと思って夕方またくることにして一度帰宅しました。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトやさしさのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ちはる

  • Author:ちはる
  • 旦那がマルファン症候群かもしれないと言われて、この病気のことを知りました。
    2005/5/26に旦那(当時は彼氏)が倒れ「急性A型大動脈解離」と診断され緊急手術をし、回復して仕事にも復帰しました。
    が、2011/12/30に再び倒れ「急性B型大動脈解離」になり現在入院治療中。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 奇跡の言葉 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。