ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年05月の記事一覧
≪04month
This 2005.05 Month All
06month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻覚 
2005.05.31.Tue / 20:00 
今日は鼻から胃への管が抜けて水分も取れるようになり、昨日に比べるとだいぶラクそうだった。

意識も完全にはっきりと戻って自分の思ってることもはっきりと伝えるようになって
「いつから水じゃなくてジュースが飲めるのか、いつまで入院してるのか」などいろんなことを聞いてきた。
理由を聞くと、私や家族、仕事のことが心配だからって。
そんな心配するより自分のこと心配すべきだよ。笑

あとね、先生がいない時は「先生、先生」って言うんだけど
先生がそばにくると何も言わずに落ち着いてるの。なんで???
それから、看護師さんのことも「先生」って呼んでた。
これはしばらくしてから本人に理由を聞いたんだけど・・・
誰が先生で看護婦さんかわからなかったから
みんな先生と呼べば失礼じゃないと思ってそう呼んでたみたい。

ていうか、ICUは朝も昼も夜も関係ないから熟睡が出来ないみたいで幻覚とかが見え始めてるみたい。
精神的にかなり不安定でかわいそうだった。
1日も早く回復して一般病棟に移れるといいな。

それから昨日のプロポーズのことを聞いてみると「信じていいよ」って小さく言ってくれた。
今までいくらプロポーズをしてって言ってもしてくれなかったのに突然だったからちょっと不安で。笑
彼の意思もどこまでなのかよくわかんなかったし。
スポンサーサイト
プロポーズ!? 
2005.05.30.Mon / 20:00 
18時ごろにまた面会へ行きました。
午前中に比べるとだいぶ落ち着いてて最初は「早く帰って寝ろ」など言ってた彼も
顔を拭いてあげたりすると「まだ帰るな」「もっといて」など笑顔で言ってくれた。

私の頭をなでてくれたり、「キスしたい」など言ったりもしてた。
水は飲めないのでうがいをしたり、脱脂綿をしがんだり。
でも、うがいをすると言いつつ彼は水を飲んでた。笑

ほんとはICUの面会時間は15分ぐらいなんだけど、
看護師さんが時間は気にせずゆっくり居てねと言ってくれました。

面会に来て1時間半ぐらいが経過した頃、彼がプロポーズ?をしてきました。
今まで結婚を彼の口から聞いたことがなかったので私はすごくうれしかった。
お互い、涙涙。
だけど・・・こんなとこで言わなくてもね~って感じ。ほんとに。笑

でも、彼にとってはきっかけになったみたい。
やさしさ 
2005.05.30.Mon / 11:30 
彼がだいぶ落ち着いてきたので両親は仕事もあることだしこの日の朝に一度帰宅しました。

この日から病院には私が1人で行きました。
病院のエレベーターでICUの看護師さんに会い、
「●●くん、口の管抜けてますよ!」って声をかけてもらいました。

面会すると口の管は抜けたものの彼は痛みで暴れてました。
目も開き意識もかなり戻ったみたいでした。
でも、ほんとに痛そうで、辛そうで彼を見てるのが辛かった。
私のこともはっきりわかったみたいだったけど
「ちはるどっかいけ!」「帰れ!」みたいなことを何度も言われた。
彼は自分のこんな姿を見られたくなかったんだと思う。

声がほとんど出ないのに「のどかわいた!水くれ!」を何度も叫び、
まだ水分を取れないので脱脂綿をしめらせてそれをしがんでました。

「どっかいけ」っていう言葉を言われたときあたしは泣きました。
悲しくて泣いたんではなく、彼のやさしさを感じて泣きました。

看護師さんがすぐにそばに来てくれて夕方にまたおいで。
「彼女が来てくれたよ」って声をかけると「今は会いたくない」って言ってたから。
夕方にはもう少し落ち着くと思うからね。
って声をかけてくれました。

あたしもその方がいいと思って夕方またくることにして一度帰宅しました。
悪化!? 
2005.05.29.Sun / 20:00 
昨日、取れてたはずの管がまた口に繋がれてた。

先生に聞いてみると、朝までは順調だったけどまだ自分で呼吸するのが苦しかったみたい。
それで再び人工呼吸器をつけたとのこと。
人工呼吸にすると安定しているので「大丈夫ですよ」と聞いてとりあえずひと安心。

ただ、胸に水が溜まっているので様子を見て体にもう1本チューブを入れて水を抜く処置をするかもしれませんとのこと。
今でも体中管だらけなのに…また増えるのかぁ~

意識の方はだいぶ戻りつつあって痛みで動きすぎるので血圧が上がるとダメなので鎮痛剤でこの日も一日眠らされてました。
順調に回復 
2005.05.28.Sat / 20:00 
午前中面会に行くと、彼は人工呼吸の管をはずしてもらって自分で呼吸をしてました。
でもまだ鎮静剤で眠ったままでした。

夕方には意識もだいぶ戻り、あたしが声をかけると少し頷く程度の反応があった。
でも、痛みで苦しそうで辛そうでかわいそうだった。

順調に回復してるのでこの日から病院で待機をしなくてもいいことになり、
彼の両親と一度自宅へ戻ることになった。

安静 
2005.05.27.Fri / 20:00 
手術が終わり、先生から術後の説明を受けました。
この時は彼の両親も一緒だったので心細さがなく落ち着いて説明を聞けました。

その後、彼と面会をしてようやく朝方に病院で仮眠をとりました。

全身麻酔だったのでなかなか目が覚めず
夕方になるとやっと麻酔が切れてきたようで手足を動かし、
先生や看護師さんが呼びかけると目を一瞬あけたりはしてたみたい。
でも、やはりまだ安静が必要なので鎮静剤を打たれたようで、
この日彼と面会しても眠った状態でした。
生と死 2 
2005.05.26.Thu / 16:00 
朝7時頃に彼から電話がかかってきました。
仕事中に苦しくなったみたいで「現場の近くで心臓血管外科のある病院を探して折り返し連絡頂戴」との内容で。

彼は「メインテート錠5」という薬を処方されてこの日から飲み始めたので
薬の影響で苦しくなったんじゃないかみたいな感じだったから、
あたしもそれが原因だったらしばらくすれば落ち着くだろうと思って安心してた。

でも、10時過ぎに彼から連絡があった時は息苦しそうで不安でいっぱいになった。
現場の近くの病院で診察してもらい「入院が必要」みたいに言われたらしいけど
現場が自宅の隣の県だったから自宅の近くの病院までかなりの距離があって、
会社の人に送って来てもらい13時過ぎに彼が自宅の近くの病院に到着。

彼は、痛みで1人ではもう歩けない状態だった。
車イスで病院へ入り担当医にいろんな検査をしてもらいその結果・・・
▽Open more.
生と死 
2005.05.26.Thu / 03:43 
彼はやっぱりマルファンみたいです。

こんな時間にも関わらず彼は少し前に仕事へ行きました。
今日が早出だから昨晩は10時半頃に寝たけど、
あたしはなかなか寝付けずに結局1時過ぎに寝た。

まさか自分の彼氏が病気になるなんて思ってなかった。
もちろん、彼自身もそう思ってると思う。

今の医療を信じて、彼を信じて、頑張るしかないんだけど・・・

インターネットって便利だけど怖い。
いろいろ調べて知れば知るほどに不安が襲う。
生と死をこんなに現実に感じなきゃいけない。

とりあえず禁煙を彼にお願いした。
これを機会に完全に吸わなくなるといいな。
結果 
2005.05.25.Wed / 18:08 
今日の午前中、彼は病院でした。

MRIの結果によると大動脈が肥大しているので手術が必要みたい。
緊急に手術するとかではないようなので、
しばらく通院しながら手術を迎えるそうです。
携帯メールで知らされただけなので帰ってきたらいろいろ聞かないと。
手術となると入院も必要だろうし長期入院とかになったら困るな。
すごい不安。
不安だらけ。
でも彼のそばには私しかいないから、私がしっかりしないとね。

医療費のこともあるし生活面でも、早く私も仕事見つけないと。


▽Open more.
はじめまして 
2005.05.24.Tue / 20:41 
彼が先日の会社の健康診断で病気かもしれないことを知りました。
付き合って2年半、同棲して1年半。
そろそろ「結婚出来るのかな?」「結婚したいな!」って時に正直不安。

もし、彼がこれから病気と戦うならあたしも一緒に戦います。
たとえマルファン症候群でなくても、
これだけ検査を受けてるってことは体が異常を訴えてるんだよね。

しばらくは彼にはココの存在は秘密で病気のこと書いていこうと思います。
MRI 
2005.05.22.Sun / 18:00 
今日はMRIの検査でした。
鼓動が普通の人よりも早いみたいだけど、
とりあえずMRIの検査は終了したようです。

次は水曜日の午前中に病院に行くみたい。
あたしもついて行きたいなぁ。

ついて行った所でどうなるわけでもないけど。
故障 
2005.05.20.Fri / 20:00 
今日の15時半から彼はMRIの検査でした。

私は以前から実家の方に帰る予定だったので、
心配だったけど彼を一人おいて3泊4日で帰省しました。

仕事を抜けて彼は病院に行ったようですが・・・
MRIが故障してしまったらしく、
MRIの検査は受けれずに他の検査をいくつかされたようです。
そして24時間の心拍測定器をつけられて明日の夕方はずしに来るようにとのこと。

今日受けるはずだったMRIは日曜日の14時からに。
朝、彼の体温が微妙に熱いなぁと感じてあたしは彼に
「しんどくない?」って聞いたんだけど大丈夫みたいなので
そのままにしてたんだけど微熱があったみたい。
やっぱり帰省するんじゃなかった・・・と後悔。
健康診断にて・・・ 
2005.05.17.Tue / 19:25 
今日、彼が会社の健康診断を受けました。
通常なら午前中だけで終わるんですが、心臓音に雑音があるとのことで
夕方ぐらいまでいろんな検査をされたようです。
その結果

『マルファン症候群』

かもしれないということで、
後日MRIの検査をする予約をしてこの日は16時頃に帰宅してきました。

マルファン??
最初は何それって頭の中が?だらけでした。
そんな病気聞いたこともないし、全然ピンときません。
でもネットでマルファンの症状とかを調べて見ると彼にはいくつかあてはまってる。

とりあえずきっちり検査をしてもらって白黒ハッキリさせたい。
| BLOG TOP |
プロフィール

ちはる

  • Author:ちはる
  • 旦那がマルファン症候群かもしれないと言われて、この病気のことを知りました。
    2005/5/26に旦那(当時は彼氏)が倒れ「急性A型大動脈解離」と診断され緊急手術をし、回復して仕事にも復帰しました。
    が、2011/12/30に再び倒れ「急性B型大動脈解離」になり現在入院治療中。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 奇跡の言葉 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。